アイキャッチ

DIGITAL

動画制作におけるデジタル展開

取材・執筆 / DCD早川(関西弁)
今回は大先輩に対して「最近どうよ。」という絡み系インタビューをしてきました。

上野アキト氏profile
映像制作プロダクションで制作、企画、演出を経験し、2014年に株式会社modocとして独立。
ミュージックスクール経営やグッズの制作など幾つかの事業を手掛けつつ
「コマーシャル企画演出・コミュニケーションデザイン」という職種で活動。
今年から映像だけではなくウェブやグラフィックのお仕事もできるプロダクション、
ノースショア株式会社にも所属。
rogo
https://www.north-s.co.jp/

「自走するコンテンツ」とはなにか

先輩、先ずお金の話したいっす。
f064e143924d830a5cd59b00b63490ad_s
正直、バジェット減ってるじゃないですか。
そこってどう捉えたらいいんですかね。。。
動画作るのってTVでもWebでも基本的にお金かかるし。

(アキト氏)
ちょ、直球…。えっと、TVCMがメインだった時は、「年々予算、減っている…涙」という印象でしたが、今はその認識間違っていたと思います。
「広告の予算を使う領域が増えた」とか「映像以外に予算をかけるべき箇所が増えた」とか言った方がよいかと。
全体の予算が減ったのではなく、他に回っている。広告を打つ目的は昔よりももっと明確になっていて、そのための手段が増えたのだから、資金は分散して当然なのかなって思います。

・・・そう言われればそう・・・です・・・けども
予算が限られてくると「自走するコンテンツ」を意識しないと・・・っていう頭でっかちな感じになってしまって

(アキト氏)
自走するコンテンツって厳密にいうとありえないですよね。
コンテンツ作ったら何かしらの媒体で必ず、「走らせる」わけだし。自走って言葉の殆どは、いいもの作って公開段階でプレスなり打てば、あとは勝手に盛り上がるでしょ。みたいな
、無責任な期待のことじゃないかって。ちょっと前の僕は本気でそう思っていたので、言っててつらいんですけど。
ぐっ・・・おっしゃる通り・・・です。
でも、デジタルの配信面の設計って、後回しになりがちというか。。。

配信面からの設計について

(アキト氏)
メディア選定も配信の設計も、企画演出両方において無視できなくなってます。メディアの特性、そのメディアを使うユーザーの性格、使い方、視聴環境に動画視聴モチベーションなどなど。
プロモーションしよう!って決まった時点から、そのへんは考えなきゃいけないことで。
目的から逆算するなら、アイデアよりメディアのことを考える方が「先」かもしれない。どっちがプライオリティ高いかという話ではなく、順番として。まだまだそういうフローでお仕事できないことがおおいけど。

…どこで流す動画かによって作るものが変わるはずなのに、どんな動画にするか決まってから配信設計することが多いんじゃないかなー実際。
例えばスマホで見るなら文字は大きすぎるくらいが良い(読めるから)も大事な要素だし、画質よりも重要視される要素が出てきている。
「ここが大事!」ってみんなが信じて制作に進める根拠って、動画を作る目的や、媒体や、配信のプランにあると思っています。
クリエイティブの一つ前、ツールの確認というか。TVCMだとオンエアの時間帯気にするように、配信設計も気にしたい。現場での仕事内容も変わってきます。
媒体や配信が多岐にわたっているからこそ、そこをしっかりコンセンサスとって進められたらと思います。

本当にそうですよね。。。わかりやすいところで言うとYouTubeで流すのとTwitterで流すのって、新聞とチラシくらい差があるのに
同軸で話すべきじゃないのに。載せる内容変わるでしょうよと。

(アキト氏)
現場の方も意識変わってきてるよ。
一昔前だとカメラマンから「何で流れますか?」って言葉が出ると、TVなのか映画館なのか店頭なのかっていう媒体の確認だったけど、
今はスマホ視聴なら画質より優先すべきものを検討したいとか、トップカットにインパクト必要よね。とか、映像完成後のことを考えてくれている意見おおいっす。

マジっすか…こっちが意識して伝えていかなきゃいけなかった部分なのに・・・すごい。
だいぶ流れが変わってきてますね。

自走について話を戻すと、

結論「目的を果たし、更に自然発生的に広がるコンテンツ」が、一番「自走している」と言える。

ちゃんとゴールしてる。炎上とかは好き勝手に走ってるみたいなことで、それ自走じゃなく迷走だよね。
目的は最低限果たさないと。自動運転だって事故ったら自動かどうか以前に運転って言えないし。

インプットの方法

これ、プランナーとして教えてほしいんですけど、我々仕事柄、意識してインプットしなきゃじゃないっすか
いろいろと。。。でも何見ればいいかわかんなくなってきてて。メディアがあふれてて・・・
1027886
先輩ってどんな情報入れてます??

(アキト氏)
最近IT系のサービスやマーケティングの記事をよく見ています。UIUXの設計や、アプリマーケティングの事例集とか。
サービスやアプリのプロモーションやマーケティングは動画を見せればいいというものではなく、登録やインストールしてもらって継続して使ってもらわないといけないので、
ユーザーが起こすアクションについて非常に細かく想定されていて、勉強になります。
あとは川谷絵音さんが楽曲を演出目線で分析する連載とか、面白いですね。
広告関係も、ものづくり系の記事よりマーケティングの記事を見ます。
あとは結構意図的に、自分と関わりない世界の情報を追っかけていたりするかも。
業界以外でかっこい人のFB投稿毎日見たりとか。

映像制作という自分の現場より、ちょっと前、商品開発や企画段階の話を取り上げている記事や、他ジャンルの記事、媒体を見るほうが、気づくことも多いです。

別ジャンル…ですよね。ついつい分かるジャンル・好きなものばっかり読んじゃうんですけど、
それでは新しい発見もないですもんね

何を大切にしていくべきか

c2b09b0b2d95d739f12cb691e1662ace_s

思ってもいなかったところでジェンダーチェックに引っかかったり、
謎に考査引っかかってそのままお流れになっちゃう企画を目の当たりにしていると
これって目の前の対処だけでいいのかな?って思うんですよね…そういうことありませんか?

(アキト氏)
めっちゃあります…最近かなり増えました。企画がひっくり返ったり、画よりセリフやコピーのほうが気にされることも多く、仕上げ段階での修正が起きたり…。企画時には僕も結構気をつけるようになりました。
え?こんなことで炎上するの?って感想も正直あるし、これは酷いなってものもありますから、チェックが厳しくなるのは仕方ないのかなと。価値観の話でもありますし、全てクリアにするのは難しい。キリもないし。

ただウェブに関してはターゲティングやフィルタリングの技術が進めば、多少内容攻めても「苦手な人の視界に入らない」ってことにできるかもしれないし、今後に期待したいです。アドテクの話になるかもしれないね。

いやぁ…本当に今回は勉強になりました!!!またお話ししたいです!!!

早川さんコチラこそありがとうございました。広告映像の企画や演出からは脱線してしまった気もしますが、
企画演出の自分にとっても避けて通れない課題がより見えたと思います。
皆様ぜひお気軽にお声がけください。映像がなくても企画考えます!
Modoc/northshore 上野アキト
リールなどのお問い合わせはコチラ → info@modoc.jp

執筆者紹介

早川洋美12373269_1004871159556725_1042597801051635652_n
デジタルコミュニケーションデザイングループ
デジタルプランナー

動画制作会社、専業広告代理店、WEB制作会社のプランナーを経て、8月に入社。
同じ部署に2人いますが、関西弁のカジュアルな方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 111

    DIGITAL

    今更聞けない!結局、バーチャルYouTuberって何なの?

    このコーナーはデジタル業界で話題になったモノを調査して独自の視点でお伝…

  2. 長田さん

    DIGITAL

    DIGIDAY記事から見る、今気になるデジタル事情 Best 3 / DIGIDAY編集長 長田真さ…

    このコーナーではデジタル業界の方々に自社サービスやデジタルに関わる「今…

  3. ●IMG_5121

    DIGITAL

    元広告代理店の人間がアドネットワーク立ち上げから動画広告市場を語る / スキルアップ・ビデオテクノ…

    この連載では私が日頃の業務をご一緒させていただくことの多いメディア関連…

  4. 甲斐さん③

    DIGITAL

    Instagramマーケティングの今を語る / パスチャー カイユリコさんインタビュー

    この連載では私が日頃業務をご一緒させていただくことの多い方々をお招きし…

  5. 19807327_10209661675326772_48319173_o

    CREATIVE

    【A面】 美しく使いやすいインタラクティブ動画制作サービス Spotfulとは / g&h…

    今回は弊ブログの「Track #1:ZEEBRA「俺は東京生まれ HI…

  6. B_PC

    DIGITAL

    TOKYO XYZ !

    TOKYO XYZは、デジタル、ブランド、マーケティングに関する新しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP