XYZサムネ

DIGITAL

【中国SNS,侮るなかれ!】

執筆 / DCMD篠原

最先端を行く、中国のSNS事情

日本の3大SNSといえば、Instagram、 Twitter、LINE。
しかし、Great Firewall(金盾)によるネット規制が厳しい中国ではこれらが利用できません。
中国の若者たちの間では、独自のSNSが普及しています。

今回は、中国の女の子たちが最新のトレンドチェックに欠かせないREDについて、ご紹介したいと思います!
xyz01

「小紅書(RED)」とは

中国のおしゃれ女子は欠かさずチェックしているというアプリRED。
写真や動画をアップしたり、ユーザーのイイねやコメントなどのアクションが盛んであるため、
口コミ情報が蓄積し、他のユーザーと情報共有ができる仕組みになっています。

REDで気になる投稿を検索し、口コミやHow to、商品レビューを調べる。
REDは口コミなどを見て<検討>するだけでなく、ブランドや商品を<認知>する場でもあります。

xyz01

KOLが持つパワー

REDのユーザーは2.5億人以上(2019年6月時点。※月間のアクティブユーザーは約8,500万人)。
ユーザー数も違えば、KOL一人につくフォロワーも桁違いの多さ。
例えば、REDで絶大な人気を誇るKOL、林允(リン・ユン)さん。
xyz01

女優としても活躍し、ファッションやコスメを中心に紹介している彼女の。フォロワー数は、なんと1015.9万人。
KOLに対する信頼や憧れは強く、「商品を購入する前にはKOLの投稿をチェックする」というユーザーも少なくないのだとか。

REDでお買い物まで!?

さらに、アプリ内で商品購入が可能であることもRED大きな特徴。
気になっていた商品やRED内で話題になっている商品を見つけたら、すぐにアプリ内で購入することが可能です。外部サイトに移動して購入手続きを行うというハードルがなくなるので、よりコンバージョンが期待できますね。
xyz01
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、商品やブランドの<認知>から<購入>まで、購買ファネルの全過程をREDで担うことができてしまうのです。「欲しい!」と思ったその瞬間に買えてしまうので、ユーザーの離脱もかなり削減できるのではないでしょうか。
今後も先を行く中国SNSから目を離せませんね!

12373269_1004871159556725_1042597801051635652_n執筆者紹介

篠原美帆
デジタルコミュニケーションデザイングループ
アシスタントデジタルプランナー

2019年4月入社。
千葉大学文学部行動科学科卒業。
好きなもの:毎日欠かさず見ているyoutube
特技:ピアノの耳コピ演奏
難しいアルファベット3文字の専門用語にもようやく慣れてきましたが、目まぐるしく変化するデジタル広告を操れるようになるために、勉強の毎日です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ●IMG_5121

    DIGITAL

    元広告代理店の人間がアドネットワーク立ち上げから動画広告市場を語る / スキルアップ・ビデオテクノ…

    この連載では私が日頃の業務をご一緒させていただくことの多いメディア関連…

  2. 長田さん

    DIGITAL

    DIGIDAY記事から見る、今気になるデジタル事情 Best 3 / DIGIDAY編集長 長田真さ…

    このコーナーではデジタル業界の方々に自社サービスやデジタルに関わる「今…

  3. アイキャッチ

    DIGITAL

    動画制作におけるデジタル展開

    取材・執筆 / DCD早川(関西弁)今回は大先輩に対して「最近どう…

  4. 111

    DIGITAL

    今更聞けない!結局、バーチャルYouTuberって何なの?

    このコーナーはデジタル業界で話題になったモノを調査して独自の視点でお伝…

  5. 19807327_10209661675326772_48319173_o

    CREATIVE

    【A面】 美しく使いやすいインタラクティブ動画制作サービス Spotfulとは / g&h…

    今回は弊ブログの「Track #1:ZEEBRA「俺は東京生まれ HI…

  6. B_PC

    DIGITAL

    TOKYO XYZ !

    TOKYO XYZは、デジタル、ブランド、マーケティングに関する新しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP