reiwa_y

DIGITAL

令和時代の欲求について考えてみました

デジタルプランニングチームの木塚です。
今回は日々の業務の中で、令和になった今、いったい人は何を満たされたいのかしら?と個人的に思ったことを書かせていただきました。

下記の図は有名なマズローの欲求のピラミッドです。
アブラハム・マズローが「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」という仮説から考えた人間の欲求を5段階で分類した理論です。
自己実現欲求までたどり着く人はあまりいないというのがマズローの考えです。

キャプチャ

「生理的欲求」「安全の欲求」が物理的な欲求。
「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」が精神的な欲求となります。

しかしマズローの時代から人々の欲求は大きく変化しています。

豊かになった現代では「生理的欲求」「安全の欲求」は当たり前に充たされている事が多くあまり意識されない欲求となっています。
そうなると現代求めているのは精神的欲求が主となります。

インターネットが普及する前はマスメディアからの一方的な情報がすべてで、価値観が同一化している傾向にありました。
雇用社会が基本でリアルな世界だけの世の中では、社会的欲求・承認欲求が満たされないと、自己実現のフェーズにたどり着きにくい傾向にありました。

しかしインターネットの普及により「欲しい情報を自ら取りに行き」「世界中の人へダイレクトにアクセスできる」ようになり、新しい生き方・考え方・価値観が生まれ、皆が知る事ができ、多様性が認められるようになったと思います。

多様性を知ることで他人の目や評価を気にするよりも、特に若年層では自分の好きな事・意思を優先する人が増えている傾向にあります。
リアルな世界だけでない令和では、承認欲求を飛び越え自己実現欲求を実現しやすく、個人でも生活能力があるため社会的欲求が満たされなくても他の欲求へと向かうなどという事が可能です。

2

現代は自己実現欲求を意識しやすい時代だと思います。
その中では当然、社会的欲求・承認欲求も生まれてきます。

令和時代はこれまでと違い「自己実現欲求」がキーになってくるのではないかと感じています。

生活が豊かになり多様性が広がったことで、精神的欲求のピラミッドは大きく変わってきているのではないでしょうか。
もはやピラミッドでは表せない気がします。
令和は、商品開発やブランドコミュニケーションも自己実現欲求を軸に3つの欲求を踏まえて考える必要もあると感じた今日この頃でございます。

※個人的な見解なのでご指摘・ご意見あるかと存じますがごご容赦下さい。

執筆者紹介

木塚みおd820eb55-a034-4e92-a37a-e26b1aa1a37a
I&S BBDO
デジタルコミュニケーションデザイングループ
シニアデジタルプランナー

PR会社、ファッション系広告代理店、デジタルエージェンシーを経てI&S BBDOデジタルプランナーとして2017年入社。化粧品、食品などのクライアントを担当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ●IMG_5121

    DIGITAL

    元広告代理店の人間がアドネットワーク立ち上げから動画広告市場を語る / スキルアップ・ビデオテクノ…

    この連載では私が日頃の業務をご一緒させていただくことの多いメディア関連…

  2. 19807327_10209661675326772_48319173_o

    CREATIVE

    【A面】 美しく使いやすいインタラクティブ動画制作サービス Spotfulとは / g&h…

    今回は弊ブログの「Track #1:ZEEBRA「俺は東京生まれ HI…

  3. DIGITAL

    「自分が知らない自分」を見つけるAI

    誰と誰がつながっていますか?何でつながっていますか?つなが…

  4. 甲斐さん③

    DIGITAL

    Instagramマーケティングの今を語る / パスチャー カイユリコさんインタビュー

    この連載では私が日頃業務をご一緒させていただくことの多い方々をお招きし…

  5. アイキャッチ

    DIGITAL

    動画制作におけるデジタル展開

    取材・執筆 / DCD早川(関西弁)今回は大先輩に対して「最近どう…

  6. 111

    DIGITAL

    今更聞けない!結局、バーチャルYouTuberって何なの?

    このコーナーはデジタル業界で話題になったモノを調査して独自の視点でお伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP